logo

ソニー、Sony Tablet用コンテンツを拡充--開発キットも提供開始

坂本純子 (編集部)2011年10月28日 16時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは10月28日、3G+Wi-Fi対応のタブレットデバイス「Sony Tablet S」と「Sony Tablet P」の販売開始に伴い、アプリケーションのバージョンアップや新アプリの提供を開始した。いずれもSony Tabletアプリ専用配信サイト「SelectApp」からダウンロードできる。

電子書籍アプリ「Reader for Sony Tablet」が雑誌対応に

 電子書籍アプリ「Reader for Sony Tablet」はバージョン2へと進化。従来のPDF、ePUB2に加えて、XMDF、.book、ePUB3にも対応した。また、電子書籍のラインアップを拡充し、絵本や雑誌などのカラーコンテンツ約200冊をそろえた。なお、Reader Storeで購入したコンテンツは、ReaderとSony Tabletで読むことができる。

 今後は、11月下旬をめどに購入金額やレビューなどの貢献に応じてポイントアップやキャンペーンの当選確率がアップする優待プログラムを開始するとしている。

 このほかにも、Sony Tablet P専用のアプリとして、Skypeと連動するビデオ・音声・テキストチャットアプリ「ビデオチャット plugged into Skype」と現在の周辺の飲食店などを簡単に探せる「PetaMap ガイド&ナビ」の配信を開始した。PetaMap ガイド&ナビはグルメやレジャーなどのスポット情報が約100万件入っており、お気に入りのスポット情報を探すことができる。2画面を生かし、縦型の手帳のようなインターフェースが特長で、旅の工程表や写真アルバムを作成できる。

Sony Tablet用の開発キットも提供開始

 さらに一般の開発者向けにSony Tablet用の開発キットとサポートサイト「Android Developer Site」を提供開始した。会員登録(無料)すると開発キットをダウンロードできるほか、アプリケーションの開発に必要な情報や、開発者同士で情報を共有できるフォーラムも提供する。

-PR-企画特集