logo

フォトレポート:分解、「iPhone 4S」--「iPhone 4」との内部の違いは - 38/59

Bill Detwiler (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年10月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 メインPCBを取り外すと、iPhone 4Sのほかの内部コンポーネントをはっきりと確認できる。残念ながら、その大半は金属製フレームに接着剤で固定されている。破損を避けるため、固定されたコンポーネントはそのままにしておいた。

 同様に、金属製フレームに取り付けられているRetinaディスプレイとタッチスクリーン(前面パネル)についても、そのままにしておいた。実際のところ、筆者はディスプレイアセンブリを固定するすべてのねじを外したが、ディスプレイが本体から外れる様子はなかった。ほかの内部コンポーネントと同様、破損を避けたかったので、ディスプレイアセンブリも取り外さなかった。

 ただし、バイブレーションモーターは取り外した。

 メインPCBを取り外すと、iPhone 4Sのほかの内部コンポーネントをはっきりと確認できる。残念ながら、その大半は金属製フレームに接着剤で固定されている。破損を避けるため、固定されたコンポーネントはそのままにしておいた。

 同様に、金属製フレームに取り付けられているRetinaディスプレイとタッチスクリーン(前面パネル)についても、そのままにしておいた。実際のところ、筆者はディスプレイアセンブリを固定するすべてのねじを外したが、ディスプレイが本体から外れる様子はなかった。ほかの内部コンポーネントと同様、破損を避けたかったので、ディスプレイアセンブリも取り外さなかった。

 ただし、バイブレーションモーターは取り外した。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]