logo

フォトレポート:分解、「Sony Tablet S」--ソニー初の「Android」タブレットの内側 - 2/74

Bill Detwiler (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年09月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソニーの資料によると、Tablet Sは16Gバイト(499ドル)と32Gバイト(599ドル)の2種類のモデルが用意されている。

 現行バージョンはWi-Fi接続のみをサポートする。筆者が分解してきた多くのタブレットと同様、内部にはセルラーカードを挿すための場所がある。ただし、本稿執筆時点で、ソニーは(少なくとも米国では)3Gバージョンや4Gバージョンの提供を開始する計画を発表していない。

 ソニーの資料によると、Tablet Sは16Gバイト(499ドル)と32Gバイト(599ドル)の2種類のモデルが用意されている。

 現行バージョンはWi-Fi接続のみをサポートする。筆者が分解してきた多くのタブレットと同様、内部にはセルラーカードを挿すための場所がある。ただし、本稿執筆時点で、ソニーは(少なくとも米国では)3Gバージョンや4Gバージョンの提供を開始する計画を発表していない。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]