logo

インテルとグーグル、「Android」の「Atom」サポートで提携

Jack Clark (ZDNet UK) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年09月14日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IntelとGoogleは米国時間9月13日、サンフランシスコで開催されているIntel Developer Forum(IDF)で、「Android」モバイルOSの開発で両社の提携を発表した。将来バージョンのAndroid OSは、インテル製「Atom」プロセッサに最適化されるという。

 Intelの最高経営責任者(CEO)を務めるPaul Otellini氏は基調講演の中で、「Intelはここ数年にわたって、スマートフォンのシリコンとIntelの設計について多くのことを学んできた。われわれの目標達成は容易ではないが、非常に単純である。われわれはIntelをスマートフォンエコシステムが選択するプラットフォームにしたいと思っている」と述べている。

 スマートフォン市場では現在ARMがリードしており、Intelは苦戦を強いられている。Appleの「iPhone」には省電力のARM Cortexプロセッサが使用されており、人気のある携帯電話機の多くではQualcommなどのARMベースのチップが使われている。

 Googleのモバイル担当シニアバイスプレジデントであるAndy Rubin氏は、「Medfield」ベースのスマートフォンを手に壇上に上がり、「われわれは、AndroidがIntelアーキテクチャに最適化されるように、非常に緊密に協力していく」と述べた。

 Otellini氏は、Intelベースの携帯電話機の出荷時期は2012年前半になる見込みだと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集