logo

「Visual Studio LightSwitch」日本語版、MSDNで提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは7月27日、業務アプリケーション開発ソフトウェア「Microsoft Visual Studio LightSwitch 2011 日本語版」を、MSDNサブスクリプション会員向けに提供したと発表した。

 LightSwitchは、デスクトップやクラウドで利用できる業務アプリケーションを、コードを記述することなく、テンプレートを使って手軽に作成できる開発ツール。データの入力や参照、更新、削除、検索などを行うためのフォームやグリッドを中心としたアプリケーションを、マウス操作で開発できる。

 また、テンプレートやテーマ、ビジネスデータ型、各種コントロールのカスタマイズが可能なほか、サードパーティー製コンポーネントやVisual Studio 2010 Professional以上で開発したカスタムコンポーネントを追加して、作成したアプリケーションを拡張できる。

 企業向けのボリュームライセンスを8月1日から、パッケージ製品を8月5日からそれぞれ発売するとしている。パッケージ製品の税別参考価格は、通常版3万7800円、アカデミック版4800円。

-PR-企画特集