logo

アップル、「iOS 5」ベータ第4版をOver The Airで提供

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年07月25日 07時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS 5」の第3版が開発者向けにリリースされてから1週間半しか経たないうちに、Appleは同ソフトウェアの次のバージョンをリリースした。

 同社は米国時間7月22日午後、iOS 5のベータ第4版を開発者らによるアプリケーションのテスト用に配布した。今回初めて、iTunesに接続することなくアップデートが可能なOTA (Over The Air) 機能が使われた。

 ベータ第4版ではこのほか、Windowsユーザー向けのWi-Fiシンク機能が提供されている。同機能は「iPhone」「iPod」「iPad」といったiOSデバイスを同一のWi-Fiネットワークに接続し、電源に接続すると、iTunesにあるすべての新しいコンテンツを自動的に同期するというもの。

 Appleは、2011年秋にiOS 5を無償アップデートとして一般ユーザーに公開する予定であると述べていた。同社は通常、メジャーソフトウェアを公開する前に複数のベータ版を開発者らに提供することにより、バグがあれば対応するとともに、新機能やAPIを開発者自身のアプリケーションに統合するための時間を提供している。

 iOS 5は、Appleが2011年6月に開催したWorldwide Developers Conferenceで発表された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集