logo

MSの第4四半期決算、「Office」と「Xbox」が好調 - (page 2)

Jay Greene (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2011年07月22日 10時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Server and Tools部門も、引き続き安定した成長エンジンとなっている。第4四半期における同部門の売り上げは前年同期比12%増の46億ドルとなり、5四半期連続で2桁成長を果たした。営業利益は前年同期比14%増の18億ドルに達した。

 Xbox事業を手がけるEntertainment and Devices部門は、第4四半期の売り上げが前年同期比で30%増と大きく伸び、15億ドルとなった。ゲーム機の売り上げが好調を維持しており、米国では「Xbox 360」の販売台数が過去13カ月のうち12カ月でゲーム機のトップとなった。同部門は2010会計年度第4四半期に1億7200万ドルの営業損失を計上したが、2011会計年度第4四半期は3200万ドルの黒字に転じた。

 検索エンジン「Bing」を擁するOnline Services Divisionは、比較的小規模な各種事業において小幅な増収を達成したものの、赤字が続いている。第4四半期の売り上げは前年同期比17%増の6億6200万ドルだったが、営業損失は同6%拡大して7億2800万ドルとなった。

 Microsoftは、引き続き複数の中核事業から莫大な額の現金を得ている。第4四半期末の時点で、同社の現金保有高は前年比43%増の527億ドルとなった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]