logo

MSの第4四半期決算、「Office」と「Xbox」が好調

Jay Greene (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2011年07月22日 10時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftは米国時間7月21日、2011会計年度第4四半期(6月30日締め)の決算を発表した。主力製品の「Microsoft Office」およびサーバソフトウェア事業における安定した伸びと、急成長している「Xbox」事業の好調な売り上げに支えられて、売り上げと利益はいずれもアナリストの予想を上回った。

 第4四半期の売り上げは前年同期比8%増の173億7000万ドル、営業利益は同4%増の61億7000万ドルとなった。1株あたりの利益は前年同期比35%増の69セントだった。2011会計年度通期では、売り上げが前年比12%増の699億4000万ドル、営業利益が同13%増の271億6000万ドルとなり、1株あたりの利益は同28%増の2.69ドルだった。

 ウォール街アナリストの予想では、第4四半期の売り上げが前年同期比7%増の172億3000万ドル、1株あたりの利益が前年同期の51セントから増加して58セントになると見込んでいた。

 決算自体は安定しているものの、主力製品の「Microsoft Windows」は減少が続いている。第4四半期におけるWindows and Windows Live Divisionの売り上げは前年同期比で約1%減の47億ドル、営業利益は同4%減の29億ドルとなった。

 ただし、他の主力事業における利益がWindowsの落ち込みを補って余りあるものとなっている。生産性スイートOfficeを手がけるMicrosoft Business Divisionは、何年にもわたってこの中核製品を提供しているにもかかわらず、今なお大きな利益を上げている。第4四半期における同部門の売り上げは前年同期比7%増の58億ドルとなり、営業利益は同12%増の36億ドルだった。

-PR-企画特集