logo

「Chromebook」の成功要因--足がかりは「Google Apps」と企業顧客 - (page 3)

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年05月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし企業と学校に対しては、Chromebookはサブスクリプションベースで販売される。料金は、学校向けが1ユーザーあたり月額20ドルから、企業向けが1ユーザーあたり月額28ドルからとなっている。この料金には故障したChromebookの交換保証が含まれており、3年のサブスクリプション期間終了後に契約更新を希望する顧客は、新しいモデルにアップグレードすることができる。

Chromeロゴ

 Chrome OSの企業向けの売り文句では、ITコストの削減と不安の軽減が強調されている。ユーザーのために新しいマシンをセットアップすることや、古くなったマシンを交換することは簡単だ。Google Appsアカウントにログオンするだけでいい。また、マシンに保存されたデータはデフォルトで暗号化される上に、主としてクラウドに保存されるため、Chromebookの紛失や盗難、破損が発生しても大きな問題にはつながらない。

 「企業は、IT部門がビジネス上の問題を解決するビジネスパートナーになることを望んでいる。それが困難だったのは、IT部門が既存のITインフラストラクチャのメンテナンスに60〜80%の時間を費やしてきたからだ。IT部門には、もっと重要なことに注力してもらおう。われわれは、クライアントコンピューティングの負担の大部分を企業からベンダーに移そうとしている」(Weinstein氏)

Chromebookが適しているもの

 Chromebookがウェブアプリケーションに最適なのは間違いない。しかし、その用途をどこまで広げられるだろうか。

 当然ながら、Google Appsの販売代理店各社はChromebookの将来性について楽観的だ。

 Ditoの創設者であるJim McNelis氏は、「Chromebookは出張の多いビジネスマンに最適だと考えている。小型、軽量でバッテリ寿命が長い上に3Gも搭載しているため、ほぼ常時インターネットに接続できる。Wi-Fiが利用できないときでもだ」と述べる。

 2011年夏に登場予定の「Google Docs」のオフラインアクセス機能も、Chromebookユーザーが地下鉄や飛行機、カンファレンス会場など、ワイヤレスネットワークが不安定な場所や、利用できない場所で作業する必要があるときに役立つだろう。

 しかし、McNelis氏は「インストールされたソフトウェアを頻繁に利用するユーザー、例えば『GotoWebinar』や『WebEx』を使うトレーナーにとって、Chromebookは現状で最適な選択肢ではない」と付け加えた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]