Javaの生みの親J・ゴスリング氏、グーグルに入社

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年03月29日 07時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsで「Java」の基礎を築いた著名なプログラマーであるJames Gosling氏がGoogleに入社した。Googleは現在、「Android」におけるJavaに関連した著作権および特許権をめぐり、Oracleと争っている

 Gosling氏は米国時間3月28日、新しくGoogleに入社したことを自身のブログで発表した。「何に従事することになるかはわからない。あらゆることに少しずつ関与し、無愛想な頑固者の風味をたっぷりとふりかけることになると思う」と同氏は述べた。

 2010年にOracleがSun Microsystemsを買収した際、Gosling氏はOracleに入社しなかった。

 Oracleの方針は明らかにGosling氏の意に反していた。同氏はOracleの最高経営責任者(CEO)であるLarry Ellison氏のことを、「暗闇の王子Larry」と呼んだ。また同氏は、「SunとOracleの間の統合会議において、SunとGoogleの間の特許の状態についてわれわれが厳しく追及されているとき、Oracleの弁護士の目が輝いているのが見てとれた」と述べていた。

 Gosling氏は約1年間、どこにも所属していなかった。「人生で最も困難なことの1つは選択することである。わたしは、多くの他の素晴らしい可能性に、悩みながら『ノー』と言ってきた」と同氏はブログで述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加