「iOS 4.2」アップデート--新機能をまとめて紹介

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月12日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」のマルチタスキング機能をうらやましく思っている「iPad」ユーザーも、もう待ち望むのも終わりかもしれない。

 「iOS 4.2」では、iPhoneや「iPod touch」、iPadのさまざまな機能のアップデートや改善が行われるとともに、バグが修正される予定。公開は米国時間11月12日となる可能性がある。Steve Jobs氏は9月、iOS 4.2を11月中に公開予定と述べており、今週広まったうわさでは、今週末がその公開日とされている。先週には最終版に近いものが開発者にリリースされており、AppleはiOS 4.2対応アプリケーションの承認を既に始めている。

iOS 4.2 提供:Apple

 これはいつもの追加アップデートとは違う。少なくとも開発側から見れば、iOS 4.2は、iOSプラットフォームを1歩先に進ませることになる。iOS 4.2の登場で、ついにiPhoneとiPadの歩調がそろうからだ。これまでは、iPhoneとiPadのOS公開の時期が微妙にずれていた。iPhoneのソフトウェアとハードウェアのアップグレードは2010年夏に行われたが、iPadのハードウェアとソフトウェアの登場は2010年春だった。今回のアップグレードで、両デバイスは同じOSを共有することになる。

 今回のリリースには、iPadユーザーとiPhoneユーザーが待ち望んでいた重要なアップデートがいくつかある。ほかにも小規模な改善が予想されている。

 以下では、iOS 4.2に期待されている機能をわかりやすくまとめた。

AirPlay

 「AirPlay」は「AirTunes」をさらに洗練させた機能だ。Jobs氏が9月の記者会見で説明したように、AirPlayがあれば、音楽や動画、写真を自分のネットワーク上のほかのデバイスにWi-Fi経由でストリーミングできる。ストリーミング先には、iPhone、iPod、iPadだけでなく、「Apple TV」も含まれている。Jobs氏の説明によれば、iPadで映画を見ている最中に、一時停止ボタンを押して、AirPlayを起動し、その映画を一時停止したところからApple TVで見ることが可能になるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加