logo

中国じゃあたりまえ?腕時計ケータイいろいろアリマス--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手ごろに買えちゃうトンデモ腕時計ケータイ

 てなわけで中国では古くから売られている腕時計ケータイ、最近では携帯電話そのものの小型化と低価格化が進んだことからさまざまな製品が出てきている。値段も今では1万円以下であり、安物の腕時計を買うくらいなら「ケータイ入りの腕時計」(笑)を買っちゃったほうがおトクかもしれない。またモノがモノだけに腕時計ケータイはケータイショップだけではなく洋服やアクセサリなど、ファッション系のお店で売られていることもある。とはいえ例によってメーカー名のない商品ばっかりなのでまともなところでは売っていないけどね。

 今回買ってきたのはAoKe-10という製品だ。立方体のパッケージからしてケータイっぽくないのがいい感じである。パッケージ写真を見るとディスプレイの横に数字キーが並んでいる独特の形状をしている。腕時計っぽくは見えないが、これはこれでなにやら近未来的なイメージを与えてくれていないだろうか?もうちょっと垢抜けた写真にすればまさしくファッションアイテムにも見えなくもないかも。てかこんなケータイがフツーに売られちゃっているってのが中国は本当、トンデモナイ国だよなぁ。

 さてお店で買うときに箱を開けてみて驚いたのは、なんと箱の中にケータイが入っていない!どーゆーこっちゃぁ!と思ったら、パッケージの中の入れ物の設計が悪くて本来はベルトをはずした状態で本体が収納されているとのこと。でもそれじゃ売るときメンドクサイってことで店員さんが仕入れたときにベルトを装着、あとはお客さんがきたら本体はショーケースから出して売っているらしい。ということは持ち帰るときは本体だけを別にビニール袋にいれてくれる、なんて情けない状態になっちゃうのだ。

 付属のアクセサリはヘッドセットと充電器くらいで大したものはない。また腕時計ケータイだからもしかしたらすごい機能があるかもしれないと思ってマニュアルを見たら、全然違う機種のものが入っている!まぁこんなケータイ買ってマニュアルを読むことなんてそもそもないんだけどさ、中を読んでみても文章だらけで「どのキーを押せ」なんて説明もない。これはおそらくどーでもいいケータイ用にどこかが作った共通マニュアルなのだろう。

AoKe-10のパッケージ AoKe-10のパッケージ。ケータイっぽくないのがいい※クリックで拡大画像を表示
本体が入っていない 開けてみたら本体が入っていないぞ!※クリックで拡大画像を表示
ベルトをつけると収納できない構造 ベルトをつけると収納できない構造になっているとは…※クリックで拡大画像を表示
マニュアルは他の機種用 マニュアルは他の機種用、写真も全然違う機種だ※クリックで拡大画像を表示

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]