解説:1周年を迎えたWindows 7、2年目は“コンシューマークラウド”展開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年10月22日、「Windows 7」が発売から1周年を迎えた

 米Microsoftによると、10月22日までの1年間に出荷されたWindows 7は、全世界で2億4000万本以上。Windows 7が1秒間に7本強も売れているということになる。

2年目のWindows 7はコンシューマークラウドに突き進む

堂山昌司氏 堂山昌司氏

 日本法人のマイクロソフト代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業担当の堂山昌司氏は、「Windows 7は、お客様から高い満足度を得ることができたOS。満足度は、Windows Vistaに比べて30%向上し、さらにサポートセンターへのコールは60%減少している。すぐに自分で使いこなすことができるということの現れ」とする。

 また、日本においてはPCによる地デジ視聴の促進にWindows 7搭載PCが貢献しているとし、「2010年夏モデルのデスクトップPCでは53%がテレビチューナー搭載モデル。これが、ラップトップタイプにも広がり始めている」としたほか、「タッチ機能についても、夏モデルのデスクトップPCのうち20%が搭載している」といった最新動向を紹介した。

 そのマイクロソフトが、Windows 7が迎える2年目から強力に展開するのが「クラウド」である。

 これまで「コンシューマークラウド」という言葉を極力使ってこなかった堂山氏だが、「Windows 7をより多くの人に使っていただきたい。そのためにはWindows 7とクラウド、Windows Liveが融合し、より楽しい世界を実現できることを示さなくてはならない。コンシューマークラウドという世界が訪れ、コンシューマー利用が新たなステージへと進むことになる」と語る。

Chris Jones氏 Chris Jones氏

 来日した米MicrosoftのWindows Live担当シニアバイスプレジデント、Chris Jones氏も「すでに多くのユーザーが自宅に複数台のPCを持ち、オフィスでもPCを所有している。また、携帯電話などの複数のデバイスを持っている。Windows 7とWindows Live、そして複数のデバイスが連携することにより、どのデバイスに写真やデータを保存したのかを覚える必要がなくなる。また、複数の人と写真やデータを共有することができる。こうした世界がいよいよ訪れる」などとした。

 日本においては、Facebookやニワンゴなどとの提携強化を発表。10月22日に行われたプレス向けイベントでは「FacebookとWindows Live」「ニコニコ動画とWindows Live」といった連携が紹介された。

 Facebookで日本のCountry Growth Managerを務める児玉太郎氏は、「全世界に5億人の利用者がいる実名オンラインサービス、Facebookの楽しさをより多くの方々に感じてもらうために、マイクロソフトとコラボレーションした」と説明。

 ニワンゴ代表取締役の杉本誠司氏は「ニコニコ動画の会員数は1880万人、プレミアム会員数は100万人を超えている。ニコニコ動画では、ムービーメーカーを利用して動画をアップロードする人が多い。これをもっと手軽に行えるようにしたい。また、Windows Live Messengerとの連携も図るが、これはシェアリングやコミュニティがどう変わるかの挑戦でもある」などとした。

 マイクロソフトは、Windows 7の2年目からの施策で「クラウド」を焦点とするのは明らかである。その施策が、パートナーとの提携を含めながら、より具体的に展開されることになるだろう。

  • Windows 7は2年目に入り、クラウドとの連携を強化する

  • 左からJones氏、Facebookの児玉太郎氏、ニワンゴの杉本誠司氏、堂山氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加