logo

フォトレポート:ピクサー25周年展を訪れて--「トイ・ストーリー」を生み出したスタジオの歴史

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年10月20日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カリフォルニア州オークランド発--映画業界で明らかなことが1つあるならば、それは、Pixar Animation Studiosと同じぐらい確実な成功を収めているスタジオはないということだ。Pixarは25年以上にわたり、 11作品を制作してきたが、そのすべてが商業的に成功し、評論家からも評価を得ている。

 その25年間において、Pixarは、ストーリーボード、スケッチ、模型、ビデオなどをアーカイブとして大量に蓄積してきた。2005年以来、このアーカイブにあるアイテム数百点を取り上げた展示が世界中を巡回し、ニューヨーク、英国、日本、オーストラリアなどのファンを喜ばせている。

 この「Pixar: 25 Years of Animation」と題された展示が、スタジオの地元であるエメリービルに戻ってきた。現在、同展示は、オークランド美術館において公開中で、Pixarの最新ヒット作「トイ・ストーリー3」からを含む500点以上のアイテムを披露している。

 もちろん、同スタジオの他の10作品である「トイ・ストーリー」「バグズ・ライフ」「トイ・ストーリー2」「モンスターズ・インク」「Mr.インクレディブル」「カーズ」「レミーのおいしいレストラン」「ウォーリー」、賞を獲得した短編作品、そして、もちろん「ファインディング・ニモ」からのアイテムも当然取り上げられている。

 こちらは、2003年の「ファインディング・ニモ」用にRalph Eggleston氏が描いたパステル画「Sequence Pastel: First day」。

 カリフォルニア州オークランド発--映画業界で明らかなことが1つあるならば、それは、Pixar Animation Studiosと同じぐらい確実な成功を収めているスタジオはないということだ。Pixarは25年以上にわたり、 11作品を制作してきたが、そのすべてが商業的に成功し、評論家からも評価を得ている。

 その25年間において、Pixarは、ストーリーボード、スケッチ、模型、ビデオなどをアーカイブとして大量に蓄積してきた。2005年以来、このアーカイブにあるアイテム数百点を取り上げた展示が世界中を巡回し、ニューヨーク、英国、日本、オーストラリアなどのファンを喜ばせている。

 この「Pixar: 25 Years of Animation」と題された展示が、スタジオの地元であるエメリービルに戻ってきた。現在、同展示は、オークランド美術館において公開中で、Pixarの最新ヒット作「トイ・ストーリー3」からを含む500点以上のアイテムを披露している。

 もちろん、同スタジオの他の10作品である「トイ・ストーリー」「バグズ・ライフ」「トイ・ストーリー2」「モンスターズ・インク」「Mr.インクレディブル」「カーズ」「レミーのおいしいレストラン」「ウォーリー」、賞を獲得した短編作品、そして、もちろん「ファインディング・ニモ」からのアイテムも当然取り上げられている。

 こちらは、2003年の「ファインディング・ニモ」用にRalph Eggleston氏が描いたパステル画「Sequence Pastel: First day」。

提供:Daniel Terdiman/CNET

 カリフォルニア州オークランド発--映画業界で明らかなことが1つあるならば、それは、Pixar Animation Studiosと同じぐらい確実な成功を収めているスタジオはないということだ。Pixarは25年以上にわたり、 11作品を制作してきたが、そのすべてが商業的に成功し、評論家からも評価を得ている。  その25年間において、Pixarは、ストーリーボード、スケッチ、模型、ビデオなどをアーカイブとして大量に蓄積してきた。2005年以来、このアーカイブにあるアイテム数百点を取り上げた展示が世界中を巡回し、ニューヨーク、英国、日本、オーストラリアなどのファンを喜ばせている。  この「Pixar: 25 Years of Animation」と題された展示が、スタジオの地元であるエメリービルに戻ってきた。現在、同展示は、オークランド美術館において公開中で、Pixarの最新ヒット作「トイ・ストーリー3」からを含む500点以上のアイテムを披露している。  もちろん、同スタジオの他の10作品である「トイ・ストーリー」「バグズ・ライフ」「トイ・ストーリー2」「モンスターズ・インク」「Mr.インクレディブル」「カーズ」「レミーのおいしいレストラン」「ウォーリー」、賞を獲得した短編作品、そして、もちろん「ファインディング・ニモ」からのアイテムも当然取り上げられている。  こちらは、2003年の「ファインディング・ニモ」用にRalph Eggleston氏が描いたパステル画「Sequence Pastel: First day」。

-PR-企画特集