logo

フォトレポート:ピクサー25周年展を訪れて--「トイ・ストーリー」を生み出したスタジオの歴史 - 36/44

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年10月20日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 展示によれば、カラースクリプトとは「ストーリー全体の感情面をおおよその色彩、照明、雰囲気を通して視覚的に伝えるためのアートワーク。ストーリー全体を時間軸の流れに沿って示し、作品全体に適用される基本的な色彩構造を表す。またカラースクリプトは、ストーリーを全体的に示す最初の機会の1つで、解像度は低いながらも作品における感情の流れを示す役割を果たす。カラースクリプトが機能するのは、詳細を取り除き、アイデアを最も簡潔な形で示すためだ」という。

「ウォーリー」のカラースクリプト。Ralph Eggleston氏によるデジタルペインティング。

 展示によれば、カラースクリプトとは「ストーリー全体の感情面をおおよその色彩、照明、雰囲気を通して視覚的に伝えるためのアートワーク。ストーリー全体を時間軸の流れに沿って示し、作品全体に適用される基本的な色彩構造を表す。またカラースクリプトは、ストーリーを全体的に示す最初の機会の1つで、解像度は低いながらも作品における感情の流れを示す役割を果たす。カラースクリプトが機能するのは、詳細を取り除き、アイデアを最も簡潔な形で示すためだ」という。

「ウォーリー」のカラースクリプト。Ralph Eggleston氏によるデジタルペインティング。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]