スマートフォン購入者の32%が「Android」を選択--米1-8月調査

Scott Webster(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年10月06日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nielsen Companyが米国時間10月5日に発表したレポートによると、2010年1月から8月までに米国で購入されたスマートフォンのおよそ3分の1(32%)が「Android」端末だったという。同期間に購入されたAppleの「iOS」とResearch In Motionの「BlackBerry」の割合はほぼ同じで、それぞれ25%と26%だった。

 また、同期間に米国で所有されているスマートフォンのOS別シェアも発表され、BlackBerryが31%と引き続き第1位となり、iOSが28%で第2位、Androidは増加を続け19%となった。


提供:The Nielsen Company

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加