フォトレポート:AKB48からボイラシステムまで--2010年度グッドデザイン賞が発表 - 10/16

加納恵(編集部)2010年09月29日 20時39分
 汎用超音波画像診断装置「FAZONE CB」は、富士フイルムが手がけた小型、軽量の超音波診断装置だ。ノートPCのように、小型、軽量化されたことで、超音波画像診断の医療現場のエリアを拡大したとしている。操作にはタッチパネルを導入するなど、直感的操作性の実現も評価の対象になったとのことだ。

 汎用超音波画像診断装置「FAZONE CB」は、富士フイルムが手がけた小型、軽量の超音波診断装置だ。ノートPCのように、小型、軽量化されたことで、超音波画像診断の医療現場のエリアを拡大したとしている。操作にはタッチパネルを導入するなど、直感的操作性の実現も評価の対象になったとのことだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]