アップル、「iPhone 4」ケース無償配布プログラムを終了へ--期日は9月30日

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年09月11日 09時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 無償ケースを注文していない「iPhone 4」ユーザーは急いだ方がよさそうだ。

 Appleは米国時間9月10日、iPhone 4ユーザー向けに実施している無償ケースの配布を3週間以内に終了することを発表した。理由についてAppleは、同端末デザインに関連したアンテナ信号損失問題は同社が当初考えていた程大きくなかったため、と述べている。

 iPhone 4ケース用ページでの記述は次のようになっている。

 iPhone 4アンテナ信号減衰問題は、われわれが当初考えていたよりも小さいことが判明した。わずかな割合のiPhone 4ユーザーがケースを必要としており、それらのユーザーについては、Bumperケースの無償配布は継続したいと考えている。それ以外のユーザーについては、2010年9月30日より後に販売されたiPhone 4に対する無償ケースプログラムは中止する。また、9月30日より後に販売されたiPhone 4に対しては、返品ポリシーを通常通りに戻す予定だ。アンテナ問題が発生したユーザーは、AppleCareに連絡して無償のBumperケースを入手してもらいたい。

 つまり、Appleは、無償ケースを「ケースバイケース」(もちろんダジャレではなく)でiPhone 4ユーザーに提供することになる。使用しているiPhone 4で信号減衰が発生している場合、9月30日より後もカスタマーサービス経由で無償ケースを入手できる。しかし、全面的なケース提供や、ケース購入に対する返金をiPhone 4オーナーに実施することはなくなる。

 またAppleは、返品ポリシーを同社標準30日間に戻す予定だ。Appleは7月、 iPhone 4のアンテナ問題に応え、返品ポリシーを延長し、同社標準の返品料を不要にすると述べていた。

 Appleは、ケース無償提供プログラムを開始する際、9月30日より後における同プログラムについては「再評価する」予定だと述べていた。同社は、6月に発表されたiPhone 4で報告されていた信号問題に対する抗議に応え、同端末オーナーに無償ケースを配布することを7月に発表した。一部のユーザーにおいて、iPhone 4を特定の持ち方で使用した場合、受信信号が弱まる、または、途切れるという現象が発生していた。Appleは、同端末の外部アンテナという新しいデザインにより、前機種に比べて通話が途切れる割合が高くなったことを認めていた。

Appleは、7月に開始したiPhone 4ケースプログラムを終了することを発表した。 Appleは、7月に開始したiPhone 4ケースプログラムを終了することを発表した。
提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加