logo

デル、3PARの買収断念--HPが総額約24億ドルで獲得へ

文:Larry Dignan(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、福岡洋一2010年09月03日 09時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストレージ企業3PARをめぐる争奪戦でHewlett-Packard(HP)は米国時間9月2日、同社の提示した1株あたり33ドル(総額約24億ドル)を上回る金額で対抗することをDellが辞退したため、HPが正式に3PARを買収することで両社が合意したと発表した。

 1株あたり18ドルから始まった3PARをめぐる激しい買収合戦は、Dellが発表した買収断念の声明で幕を下ろした。Dellは声明で3PARから7200万ドルの違約金を受け取る権利があると述べている。また、Dellの最終的な提示額が1株あたり32ドルだったことも明らかにした。

 3PARをめぐる争奪戦は、DellとHPという、激しく競い合うライバル同士の敵対意識を反映したもので、買収の対象となるエンタープライズストレージ企業がそう多くないという事実も浮き彫りにした。

 この日3PARは、HPによる発表に先立ち、Dellが1株あたり32ドルを提示したのを受けてHPが提示額を1株あたり33ドル(総額約24億ドル)に引き上げたことを明らかにしていた。3PARはHPの提案の方が優れていると判断した。1株あたり32ドルというDellの提示額は、HPの提示していた1株あたり30ドルに対抗するものだった。Dellはまた、契約解除時の手数料を見直し、9200万ドルにすることを提案していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集