logo

iPad対抗製品に必要なもの--魅力あるタブレットとは - (page 2)

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もちろん、どのメーカーも完全に負けたわけではない。常に競争の余地は残されている。Appleが独占する市場ではなおさらだ。Appleには、顧客には哀れなまでの強い愛着を抱かせる一方で、批判的な人々からは強烈な怒りを買うという傾向がある。しかし、この市場も非常に新しく、また「Android」やwebOS、「BlackBerry OS」のタブレットバージョンに何ができるのかはまだわかっていない。

 6カ月後、年1回のConsumer Electronics Show(CES)がラスベガスで開催された直後には、タブレット市場の勢力図は今と大きく変わっているだろう。CESでは、iPadによく似たデバイスがいくつも発表される見込みだ。しかしAppleとの差を縮めようとするならば、発表予定の製品すべてがするべき重要なことがある。それは、タブレット向けOSを見つけること、優れたハードウェアを組み合わせること、そしてアプリケーションデベロッパーを味方にすることだ。

ソフトウェア

 競合メーカーがAppleに追いつくのに時間がかかった理由の1つは、独自のタブレット対応OSを持っていないことだ。IDCのアナリストSusan Kevorkian氏は、Appleの競合メーカーにとって、さまざまな部品を組み合わせて、iPadに対抗しうるデバイスを作り上げるのは「難しく時間のかかる」ことだったとはいえ、「全体を左右していた要素は主にOSだった」としている。

 RIMとPalm(現在はHPの傘下)は独自のOSを管理しているが、それについては後述する。既に発表されているタブレットの大部分(Dellの「Streak」とサムスンの「Galaxy Tab」、ASUSの「Eee Pad」)は、Googleが開発した無料のモバイルOS「Android」を採用している。Androidのタブレット向けに最適化されたバージョンはまだないが、近々発表される見込みだ。「Gingerbread」という開発コード名の「Android 3.0」が10月から12月の間に発表されれば、Googleのアイデアを目にすることになるだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]