logo

クロノスグループ、「OpenGL 4.1」を発表

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年07月27日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Khronos Groupは米国時間7月26日、「OpenGL 4.1」を発表した。「OpenGL 4.0」からわずか数ヶ月後のリリースとなった。KhronosのプレジデントNeil Trevett氏によると、OpenGL 4.1では、シェーダというコンパイルされたグラフィックプログラムをハードドライブに保存して、グラフィックチップがシェーダをリロードできるようになっているという。Trevett氏はまた、バーテックスシェーダとフラグメントシェーダを分けることができ、一部のプログラミング処理が容易になるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]