アップル、2011年の半導体購入金額で世界第2位に--アイサプライ予測

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年07月22日 12時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iSuppliは米国時間7月21日、2011年の半導体購入金額について、Appleがサムスンを抜いてHewlett-Packard(HP)に次ぐ世界第2位になるとの予測を発表した。iSuppliはAppleの2011年の半導体購入金額を162億ドルと予測している。一方でサムスンは139億ドル、HPは171億ドルと予想されている。

 iSuppliのシニアアナリストであるMin-Sun Moon氏によると、この上昇は、「iPhone 4」や「iPad」など、同社の新製品の成功を意味しているという。同氏はまた電話インタビューで、「これはテクノロジが進んでいる方向を示している」と述べ、「Appleは、Microsoft-Intelから離れ、ARMベースシステムへと進むトレンドの一因となっている」と語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加