logo

グーグル幹部インタビュー--「OfficeのアップグレードよりGoogle Docsの採用を」

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年05月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業向けの「Microsoft Office 2010」の発売前夜、Googleは、企業が生産性スイートをアップグレードするのに、もっと良い方法があると主張した。

 Googleが主張するには、企業は新しいバージョンのためにMicrosoftに代金を払う代わりに、現在持っているバージョンのOfficeを使い、「Google Docs」を組み合わせることでコラボレーションツールとウェブベースツールを追加するのが賢明だという。

 Googleのエンタープライズ担当プレジデントDave Girouard氏は、米国時間5月10日のインタビューで、「ほとんどの人は、初めは期待していないかもしれないが、Google DocsがOfficeとうまく連携して動き、実際にOfficeをよりよくすることに気が付いている」と語った。

 Microsoftの主力製品であるOfficeと対決することは、ほかの多くの企業にとって骨折り損であることが証明されているが(「StarOffice」を覚えているだろうか)、Googleには、ほかのどんな企業も対抗できないリソースがある。

 Girouard氏はまた、クラウドコンピューティングの世界が始まろうとする中、Microsoftのアプローチは、新しいブラウザベースの「Office Web Apps」が追加されるとしても、時代遅れに見え始めていると主張する。

 「Microsoftが作っている製品は、補完するものとして設計されており、デスクトップアプリケーションを必要とする。われわれが作っている製品は、デスクトップアプリケーションに全く依存しない」(Girouard氏)

 以下は、筆者とGirouard氏との対話を編集したものだ。

--Googleは、企業にMicrosoft Officeから離れてGoogle Docsを選んでもらいたいのだろうと言われています。Googleが提起している意見の1つは、アップグレードに代金を払うのではなく、Officeの上にGoogle Docsをコラボレーションツールとして追加するという考えです。これは、Googleが積極的に売り込んでいることですか。

-PR-企画特集