logo

「SIMロックフリー」じゃなかったiPad--結局SIMロックでSBMのみが提供

坂本純子(編集部)2010年05月11日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「結局、日本はSIMロックフリー端末じゃなかった」──Twitterやブログでは、落胆する声が多く見られる。

 アップルは5月10日、iPadのSIMロック端末か否かに対し「5月8日の発表のとおり、日本ではアップルストアで販売するものも含めてソフトバンクモバイルが発売するもので、SIMロックがかかったものになる」とコメントし、改めて日本においてSIMロックフリー端末ではないことを表明した。

 5月7日夜のアップルの発表から10日10時の予約発売まで、週末を挟んだ発表をもとにSIMロックか否かを巡ってネットではさまざまな情報が錯綜していた。

期待されたSIMロックフリー端末

 米Appleは、1月に行われたiPadの発表会で、「iPadはすべてSIMロックフリーで提供する」と明言。これを受けて日本でもSIMロックフリーで提供されると期待されていたことに加え、1月と4月に行われたNTTドコモの決算発表会の場で代表取締役社長の山田隆持氏が積極的にiPadに取り組む姿勢を見せており、今度はNTTドコモからも発売されるのではないかとの期待が高まっていた。

 4月14日、米Appleは4月末に発売としていた米国外のiPadの発売時期を、「予想をはるかに超える需要があった」とし、5月末へと延期することを発表した。その際に、5月10日に予約を受け付けると発表していたものの、直前までそれ以上の情報は発表されない状態が続いていた。

 iPadの予約発売を間近に控えた5月7日の夜9時半ごろ、アップルは日本でもiPadの予約を5月10日より開始すると正式に発表。しかし、この時点では、販売するキャリアや価格などの詳細は発表されておらず、iPad Wi-FiモデルとiPad Wi-Fi+3GモデルはApple直営店と選定されたiPad正規販売店を通じて発売すること、iPad Wi-Fiモデルはオンラインのアップルストアでも販売することを表明するに留まった。

 ところが、翌日の5月8日、土曜日にもかかわらずソフトバンクモバイルが「日本ではソフトバンクモバイルが5月28日よりiPadを提供」と異例の発表を行った。Wi-Fi+3Gモデルのみならず、Wi-Fiモデルもソフトバンクモバイルから提供するという。

ネットで飛び交う憶測情報、誤解を招くサイトの表現

 ソフトバンクが独占で発売するということは、他社のSIMは使えないSIMロック端末である可能性が高い。しかし、先にアップルがアップルストアで販売することを表明していたことから、アップルストアで購入するとSIMロックフリー端末らしい、という噂がのぼり、さらには「アップルストアのスタッフに確認した」という情報までもが飛び交った。

 さらに、SIMロックフリーを熱望するユーザーに、一縷の望みを与えてしまったのが、5月10日未明、10時の店頭予約発売に先駆けて開始した、オンラインのアップルストアでのQ&Aの回答だ。「3Gデータプランについてよくあるご質問」にある「国外でもiPadを使用できますか?」の回答として、「3Gサービスを利用するには、現地の通信事業者からmicro-SIMカードとサービスを購入してください」とSIMロックフリーともとれる表記がある。

 これについてアップルの広報は、「誤解を招きやすい表現。矛盾しているので、何らかの動きがあると思っている」とコメントしており、近いうちに修正されると見られる。

 なお、5月10日、NTTドコモはiPadへの意欲を示していたことについて、「iPadがSIMロックフリーであることを前提としていた。しかし、仕様を確認し、NTTドコモのSIMは利用できないことがわかった。今後はiPadを含め、さまざまな魅力的な端末をドコモのネットワークで利用いただけるよう取り組んでいく」とコメントした。これまで、iPadがSIMロックフリーでないことを知らなかったのかという点については、「回答を控えたい」と話した。

-PR-企画特集