logo

S・ジョブズ氏、「Flash」に対する考えを公開書簡で明らかに

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部2010年04月30日 07時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は米国時間4月29日、同社ウェブサイトに掲載された公開書簡で、開発プラットフォーム「Flash」を激しく批判した。

 Jobs氏は、次の6つの点において、Flashを批判した。つまり、オープン性、「フルウェブ「full web)」、信頼性とセキュリティとパフォーマンス、バッテリ寿命、タッチ互換性、そして、Flashのクロスプラットフォームツールとしての性質についてである。AdobeとAppleの間には、「iPhone」「iPod」「iPad」へのFlashの搭載をAppleが拒絶したことを最大の要因として、長期にわたって論争が繰り広げられており、Jobs氏の今回の長い公開書簡は、その最新ラウンドである。

 Jobs氏はこの投稿の中で、Appleがこれらの端末においてFlashを禁止する理由に関するAdobeの主張を否定した。

 「Adobeは、われわれの決断は、主にビジネス上の理由に基づくものであり、われわれが『App Store』を保護したいと考えているからだと述べている。しかし実際には、技術的な問題に基づく判断である。Adobeは、われわれが閉じたシステムであり、Flashはオープンだと主張しているが、実際にはその逆が正しい」と同氏は述べた。

 Jobs氏は、AdobeのFlash製品は、「完全にAdobeの管理下にあり、Adobeからしか入手することができない」ため、「100%プロプライエタリである」と述べた。そして同氏は、Appleの「iPhone OS」もそれ自体はプロプライエタリであることを認めたが、「ウェブに関係するすべての標準は、オープンであるべきだ」というAppleの信念を強調した。

 「Appleは、Flashを使用する代わりに、HTML 5、CSS、JavaScriptを採用している。これらはすべてオープン標準である」とJobs氏は記している。「Appleのモバイル端末はすべて、これらのオープン標準を高性能かつ低消費電力に実装して出荷している」(Jobs氏)。また同氏は、Appleによるレンダリングエンジン「WebKit」の促進は、同社が「ウェブ向けのオープン標準を構築している」ことの表れであると付け加えた。

 次に同氏は、Appleのモバイル端末を使用するユーザーはウェブ動画の75%を視聴できておらず、それはこれらの動画がFlashだからだというAdobeの主張について、反論した。Adobeでは、これらの動画がFlashであるためであることを理由に挙げている。「それらの動画のほとんどすべてが、より現代的なフォーマットであるH.264でも提供されており、iPhone、iPod、iPadで視聴できるという点に、彼らは言及していない」と同氏は記し、H.264によるエンコーディングが普及していることは、Appleの顧客が視聴できない動画は「それほど多くない」ことを表していると主張した。

 「またわれわれは、Flashが、Macのクラッシュの第1の原因であることを知っている」とJobs氏は続けた。「Adobeとともにこの問題の修正に取り組んでいるが、もう数年間も解決されないままだ。Flashを追加することによって、iPhone、iPod、iPadの信頼性とセキュリティを低下させたくはない」(Jobs氏)

-PR-企画特集