logo

フォトレポート:インテルの光通信研究所--幅広い用途に向けた研究 - 7/7

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年03月24日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Intelはゲルマニウムを使うことが重要だと考えている。ゲルマニウムはシリコンと異なり、通信で標準となっている近赤外線の光を効率的に検出できるからだ。しかし、欠点の1つとして、純粋なゲルマニウムの薄膜をシリコンの上に置くと、大きなひずみが生じるため、ゲルマニウムとシリコンの境界に異常が生じやすい。Intelの光通信研究所では、研究者がさまざまな設計やプロセスを研究し、このような異常が機器の電気的性能に与える影響を最小限にしようとしている。
Scroll Right Scroll Left

 Intelはゲルマニウムを使うことが重要だと考えている。ゲルマニウムはシリコンと異なり、通信で標準となっている近赤外線の光を効率的に検出できるからだ。しかし、欠点の1つとして、純粋なゲルマニウムの薄膜をシリコンの上に置くと、大きなひずみが生じるため、ゲルマニウムとシリコンの境界に異常が生じやすい。Intelの光通信研究所では、研究者がさまざまな設計やプロセスを研究し、このような異常が機器の電気的性能に与える影響を最小限にしようとしている。

提供:James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]