logo

フォトレポート:インテルの光通信研究所--幅広い用途に向けた研究 - 2/7

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年03月24日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Intelは、集積大容量シリコンフォトニックチップを開発する方法を研究しながら、フォトニックリンクを同社のシステムやネットワークに利用することで、この新しい技術を市場に展開する方法も探している。利点としては、この写真の光USBポートのような極めて高速なデータ転送があるが、デジタル通信以外にも、アナログ無線周波数信号を転送することによる無線ネットワークの拡張や、生物医学用の低コストのレーザーといった用途が考えられる。
Scroll Right Scroll Left

 Intelは、集積大容量シリコンフォトニックチップを開発する方法を研究しながら、フォトニックリンクを同社のシステムやネットワークに利用することで、この新しい技術を市場に展開する方法も探している。利点としては、この写真の光USBポートのような極めて高速なデータ転送があるが、デジタル通信以外にも、アナログ無線周波数信号を転送することによる無線ネットワークの拡張や、生物医学用の低コストのレーザーといった用途が考えられる。

提供:James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]