フォトレポート:太陽光発電でCO2を30%カットできる基地局、auが運用開始 - 8/8

永井美智子(編集部)2009年12月03日 20時25分
 太陽光パネルについては、京セラコミュニケーションシステムと共同で設計/製作した角度調整可能な架台を採用した。太陽の角度は季節によって変わるため、時期ごとに角度を変えて発電効率を高める方針だ。太陽光パネルへの設備投資については、10年以内の回収を目指すとしている。

 KDDIでは今後、トライブリッド方式電力制御技術を通信局舎やデータセンター、家庭での利用拡大が期待されている省エネシステム(スマートハウス)へ活用するよう検討するとのことだ。
Scroll Right Scroll Left

 太陽光パネルについては、京セラコミュニケーションシステムと共同で設計/製作した角度調整可能な架台を採用した。太陽の角度は季節によって変わるため、時期ごとに角度を変えて発電効率を高める方針だ。太陽光パネルへの設備投資については、10年以内の回収を目指すとしている。

 KDDIでは今後、トライブリッド方式電力制御技術を通信局舎やデータセンター、家庭での利用拡大が期待されている省エネシステム(スマートハウス)へ活用するよう検討するとのことだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]