logo

フォトレポート:太陽光発電でCO2を30%カットできる基地局、auが運用開始

永井美智子(編集部)2009年12月03日 20時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 KDDIは、太陽光発電と蓄電池、深夜電力の3つを活用するau携帯電話用基地局の運用を12月3日に開始した。第1号となる基地局は新潟県新潟市内に設置した(写真)。今後、関東を中心に10局程度開設し、フィールド実証実験をするという。ここでは新基地局の仕組みや、4月から実証データを計測している埼玉県春日部市のKDDI施設内に設置された設備の様子を写真で紹介する。
Scroll Right Scroll Left

 KDDIは、太陽光発電と蓄電池、深夜電力の3つを活用するau携帯電話用基地局の運用を12月3日に開始した。第1号となる基地局は新潟県新潟市内に設置した(写真)。今後、関東を中心に10局程度開設し、フィールド実証実験をするという。ここでは新基地局の仕組みや、4月から実証データを計測している埼玉県春日部市のKDDI施設内に設置された設備の様子を写真で紹介する。

 KDDIは、太陽光発電と蓄電池、深夜電力の3つを活用するau携帯電話用基地局の運用を12月3日に開始した。第1号となる基地局は新潟県新潟市内に設置した(写真)。今後、関東を中心に10局程度開設し、フィールド実証実験をするという。ここでは新基地局の仕組みや、4月から実証データを計測している埼玉県春日部市のKDDI施設内に設置された設備の様子を写真で紹介する。

-PR-企画特集