logo

高級ケータイのトレンド、それはアナログ時計搭載だ!--中国トンデモケータイ - (page 5)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他の機能はフツー、見た目で勝負だ

 ではケータイとしての機能を見てみよう。メニュー画面などは某社風だが、機能はごくごくフツー。時計を載せちゃったせいか、アナログTVは非搭載だ。また選択キー周辺はFMラジオキー、メールキー、音楽プレーヤーキー、マルチメディアキーなどボタンが盛りだくさん。このあたりは日本のケータイのデザインを研究しているのかもしれない。

 またモーションセンサを搭載しており、本体を振ると壁紙の交換、音楽やビデオの早送りができる。折り畳み式ケータイのため開くと本体が長くなり、モーションセンサの動きも軽快な感じだ。また動画再生時は左右どちらに本体を傾けても動画画面も横向き再生が可能になる。このあたりはちょっと便利な機能だ。

 さらに音楽再生中は背面のサブディスプレイに曲名が表示される。でも時計表示と同様に、開いているときしかフル表示されないのが残念。そして時計の下に埋め込まれている宝石のようなもの。着信時に光ります!しかも青、赤、黄色、緑の4色!チープな感じがするけど華やかさがあって悪くないかも。

数字キーのアップ。ショートカットキーを豊富に搭載 数字キーのアップ。ショートカットキーを豊富に搭載(※画像をクリックすると拡大します)
本体を振ると、、、 本体を振ると、、、(※画像をクリックすると拡大します)
壁紙が切り替わったり、音楽を早送りできる 壁紙が切り替わったり、音楽を早送りできる(※画像をクリックすると拡大します)
背面サブディスプレイは曲名も表示 背面サブディスプレイは曲名も表示(※画像をクリックすると拡大します)
そして着信時は宝石が4色に光る! そして着信時は宝石が4色に光る!(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]