logo

高級ケータイのトレンド、それはアナログ時計搭載だ!--中国トンデモケータイ - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高級感はなかなかいいぞ!

 ではさっそく使ってみることにしよう。まずは電池をいれなくちゃね。背面を見ると電池カバーにはネジ止めっぽいデザインが施されているなど、これまたいい感じだ。とはいえ、某超高級ケータイのデザインをなんとなくいただいちゃっている感は否めないけどね。この電池カバーは金属とプラスチックのハイブリッド仕上げでちょっと重い。この「重さ」が高級感のキーポイントでもあるわけだ。

 電池カバーをはずすと、いきなり電池は世界最大手メーカー、N社のデザインをコピーしたもの(苦笑)。うーんちょっとトンデモケータイらしくなってきたか。SIMカードが2枚入るのはいつものトンデモケータイの標準仕様。また本体下には充電プラグとミニUSB端子があるが、充電はNokiaのACアダプタ互換。ミニUSBは充電とPCとの接続が可能になっている。これ、わざわざ2つにしなくとも、ミニUSBだけでもよさそうなんだけどねぇ。

 では電池も入れてさっそく電源投入!すると海外ではよく聞きなれた「ちゃららんらんらーん」という音と、手と手をつなぐ画面が。いきなりこれですか?(笑)。そして待ち受け画面もおもいっきりやっぱりN社のデザインそのも。

 トンデモケータイの中にはまさに大手メーカーをそのままコピーしてしまう「イケナイトンデモケータイ」も多いのだが、今回紹介するこの時計ケータイは「高級オリジナルケータイ」のはず。なんで中身をこうしちゃうのかねぇ。ま、メーカーは外見しか考えていないってことなんだろう。

背面もかっこいい。でもちょっとどこかで見かけたデザイン 背面もかっこいい。でもちょっとどこかで見かけたデザイン(※画像をクリックすると拡大します)
電池はおもいっきり某社デザインのコピー。もちろんDual SIM対応 電池はおもいっきり某社デザインのコピー。もちろんDual SIM対応(※画像をクリックすると拡大します)
充電もNokia互換。ミニUSBからも充電できる 充電もNokia互換。ミニUSBからも充電できる(※画像をクリックすると拡大します)
電源投入後や待ち受け画面もおもいっきりNokiaしてる(苦笑) 電源投入後や待ち受け画面もおもいっきりNokiaしてる(苦笑)(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]