logo

高級ケータイのトレンド、それはアナログ時計搭載だ!--中国トンデモケータイ - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージに写っているのは「腕時計」ですか?

 ということでお店で実際に購入してみたのだが、出されたパッケージにはいきなり謎のものが写っている。てか、これケータイだよな。なんでこんなものがケータイの背中に搭載されているんだろう?と思わず引いてしまった。だって写っているのは、

「時計。ただのアナログの腕時計」

 なんだもん!いくらなんでもケータイに時計そのまま載せるかぁ?と思って開封してみたら、やっぱり時計だよ!しかもご丁寧に保護ビニールに本体が覆われている。高級な金属製だから傷がつかないように、ってことなんだろうか。まぁ時計がついていても不思議ではないかもしれないんだけど、21世紀のハイテクな時代にレトロなアナログ時計を搭載しちゃうなんて、このメーカー何考えているんだ?(笑)

 さっそく取り出して、まずは保護ビニールを剥がしてみよう。これ、なんだか高級な製品を扱っているような気分になるのがちょっとうれしい。でも現われた時計を見ると安っぽい(爆)。だってパッケージに写っている写真というかイラストの時計と違うんだもん。

 パッケージの時計には、時計の中に小さいサブ時計が2つもあるし、外見もスッキリ。ところが、実際の時計はダイバーウォッチ風だし、時計のサイズも一回り以上小さい。このパッケージ見て買った人は「だまされた!」とお店に怒鳴り込んでくるかもしれない。でもまぁ、こんな変なケータイ買う人は「わーい!時計だー!」って喜んでしまうからパッケージのことなんて気にしないだろう。筆者も購入時はまさしく「わーい!変だー!」って喜んで買ってしまったくらいなんだから。

 なお本体は金属素材を多用しており、持った感じもずっしりと重い。時計の存在があることもあり「高級ケータイ」と感じられるいい造りだ。しばらく持っていると「何だかこれも悪くないかも?」なんてちょっと思えてしまう。うーん、実はこれはこれでナイスなアイディアなのかもなぁ。

パッケージ。背面に時計、って本当に時計? パッケージ。背面に時計、って本当に時計?(※画像をクリックすると拡大します)
開けてみたら、本当に時計(おいおい!)。保護フィルムに覆われている 開けてみたら、本当に時計(おいおい!)。保護フィルムに覆われている(※画像をクリックすると拡大します)
ビニールを剥がしてみる。ちょっとワクワクしちゃう ビニールを剥がしてみる。ちょっとワクワクしちゃう(※画像をクリックすると拡大します)
パッケージと比べると、時計がだいぶ違うぞ パッケージと比べると、時計がだいぶ違うぞ(※画像をクリックすると拡大します)
金属製で高級感ある本体 金属製で高級感ある本体(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]