フォトレポート:米陸軍が表彰した2008年の技術

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 陸軍の軍人たちは、戦場での現実に対処するために、支給された装備に手を加え、改良する方法を見つけることで知られている。それには多くの場合、豊富にあるダクトテープを使う。さらに、より優れた装備を開発するためにも、多大な努力を払っている。米陸軍は先週、「2008年の優れた発明トップ10」という形でそうした作業のいくつかをたたえて、2008年に米陸軍に配備された装備を表彰した。

 この写真にある最初の発明は、改良型移動式軟式飛行船高速初期展開(Enhanced Mobile Rapid Aerostat Initial Deployment:EMRAID)車両で、米陸軍航空ミサイル研究開発技術センターによるものだ。このEMRAID車両では、数多くの諜報、監視、偵察の機能が、すばやく展開可能な単一のプラットフォーム上に統合されている。

 陸軍の軍人たちは、戦場での現実に対処するために、支給された装備に手を加え、改良する方法を見つけることで知られている。それには多くの場合、豊富にあるダクトテープを使う。さらに、より優れた装備を開発するためにも、多大な努力を払っている。米陸軍は先週、「2008年の優れた発明トップ10」という形でそうした作業のいくつかをたたえて、2008年に米陸軍に配備された装備を表彰した。

 この写真にある最初の発明は、改良型移動式軟式飛行船高速初期展開(Enhanced Mobile Rapid Aerostat Initial Deployment:EMRAID)車両で、米陸軍航空ミサイル研究開発技術センターによるものだ。このEMRAID車両では、数多くの諜報、監視、偵察の機能が、すばやく展開可能な単一のプラットフォーム上に統合されている。

提供:U.S. Army

 陸軍の軍人たちは、戦場での現実に対処するために、支給された装備に手を加え、改良する方法を見つけることで知られている。それには多くの場合、豊富にあるダクトテープを使う。さらに、より優れた装備を開発するためにも、多大な努力を払っている。米陸軍は先週、「2008年の優れた発明トップ10」という形でそうした作業のいくつかをたたえて、2008年に米陸軍に配備された装備を表彰した。  この写真にある最初の発明は、改良型移動式軟式飛行船高速初期展開(Enhanced Mobile Rapid Aerostat Initial Deployment:EMRAID)車両で、米陸軍航空ミサイル研究開発技術センターによるものだ。このEMRAID車両では、数多くの諜報、監視、偵察の機能が、すばやく展開可能な単一のプラットフォーム上に統合されている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加