logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2008年の技術 - 13/18

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月02日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米陸軍は銃の遠隔操作システムの開発を続けており、現在は「CROWS II」の配備を進めている。この写真は、耐地雷待ち伏せ防護(mine-resistant, ambush-protected:MRAP)車両内に座っている射撃手が見ているディスプレイで、アフガニスタンのバグラム軍用飛行場で2009年7月に撮影された。

 射撃手が身体を外にさらすことはなくなったものの、この車両内の兵士は安全のためにシートベルトを着用するよう求められている。

 米陸軍は銃の遠隔操作システムの開発を続けており、現在は「CROWS II」の配備を進めている。この写真は、耐地雷待ち伏せ防護(mine-resistant, ambush-protected:MRAP)車両内に座っている射撃手が見ているディスプレイで、アフガニスタンのバグラム軍用飛行場で2009年7月に撮影された。

 射撃手が身体を外にさらすことはなくなったものの、この車両内の兵士は安全のためにシートベルトを着用するよう求められている。

提供:Pfc. Cody A. Thompson, 40th Public Affairs Detachment

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]