logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2008年の技術 - 5/18

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月02日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米陸軍による2008年の発明トップ10の2つ目は、ワン・システム・リモート・ビデオ・ターミナル(One System Remote Video Terminal:OSRVT)Aキットで、米陸軍戦車車両研究開発技術センターによるものだ。このキットはモジュール式のビデオおよびデータシステムで、戦場にいる兵士が無人機(UAV)などの航空機からニアリアルタイムの監視画像と地理空間データを直接受け取れるようにする。

 OSRVTでは、イラクやアフガニスタンで広く使用されているUAVに搭載されたカメラからの映像だけでなく、特定の航空機が正確にどこに位置しているかを示す地理空間情報が表示される。これは、その場で戦術計画を作成する部隊には重要な要素だ。

 米陸軍による2008年の発明トップ10の2つ目は、ワン・システム・リモート・ビデオ・ターミナル(One System Remote Video Terminal:OSRVT)Aキットで、米陸軍戦車車両研究開発技術センターによるものだ。このキットはモジュール式のビデオおよびデータシステムで、戦場にいる兵士が無人機(UAV)などの航空機からニアリアルタイムの監視画像と地理空間データを直接受け取れるようにする。

 OSRVTでは、イラクやアフガニスタンで広く使用されているUAVに搭載されたカメラからの映像だけでなく、特定の航空機が正確にどこに位置しているかを示す地理空間情報が表示される。これは、その場で戦術計画を作成する部隊には重要な要素だ。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]