ケータイ持って旅に出よう--リクルート、位置ゲー「コロプラ」ツアー開催

永井美智子(編集部)2009年09月18日 20時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 リクルートの旅行カンパニー内に設置されている調査・研究組織「じゃらんリサーチセンター」はコロプラと組んで、携帯電話ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」と連動したバスツアーを8月29日〜30日、9月12日〜13日の2回開催した。ここでは、9月12日のバスツアーの様子を紹介する。

 コロニーな生活☆PLUSは、ユーザーの位置移動距離に応じてゲーム内の通貨がたまり、その通貨を使ってゲーム内の島を発展させていくゲーム。場所に応じて異なる「お土産」アイテムが購入できるため、さまざまな土地をまわってゲーム内通貨をためるとともに、その地方限定のお土産アイテムを購入できるというのが、このバスツアーの売りとなっている。それぞれの回で64名ずつ、合計128名が参加した。 

 リクルートの旅行カンパニー内に設置されている調査・研究組織「じゃらんリサーチセンター」はコロプラと組んで、携帯電話ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」と連動したバスツアーを8月29日〜30日、9月12日〜13日の2回開催した。ここでは、9月12日のバスツアーの様子を紹介する。

 コロニーな生活☆PLUSは、ユーザーの位置移動距離に応じてゲーム内の通貨がたまり、その通貨を使ってゲーム内の島を発展させていくゲーム。場所に応じて異なる「お土産」アイテムが購入できるため、さまざまな土地をまわってゲーム内通貨をためるとともに、その地方限定のお土産アイテムを購入できるというのが、このバスツアーの売りとなっている。それぞれの回で64名ずつ、合計128名が参加した。 

 リクルートの旅行カンパニー内に設置されている調査・研究組織「じゃらんリサーチセンター」はコロプラと組んで、携帯電話ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」と連動したバスツアーを8月29日〜30日、9月12日〜13日の2回開催した。ここでは、9月12日のバスツアーの様子を紹介する。  コロニーな生活☆PLUSは、ユーザーの位置移動距離に応じてゲーム内の通貨がたまり、その通貨を使ってゲーム内の島を発展させていくゲーム。場所に応じて異なる「お土産」アイテムが購入できるため、さまざまな土地をまわってゲーム内通貨をためるとともに、その地方限定のお土産アイテムを購入できるというのが、このバスツアーの売りとなっている。それぞれの回で64名ずつ、合計128名が参加した。 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加