logo

「Androidは革命」--グーグルの担当ディレクターが語る「オープン性」の意味 - (page 3)

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--AppleやPalmが行っているデバイス全体のコントロールよりも、このアプローチの方が優れている理由は何ですか。

Rubin氏:デバイス全体をコントロールすることは素晴らしいことです。(しかし)われわれは40億台の携帯電話機の話をしています。デバイス全体をコントロールする場合、それが単一のベンダーのものであれば、イノベーションを迅速に行う能力はかなり限定されます。

 イノベーションを一気に高めることはできます。法人向けに集中したり、特定のインターフェース技術に集中したりすることもできます。ですが、何もかもやることはできません。必ず何らかのニッチにいることになります。

 今話しているのは、ニッチから抜け出して、人々が期待するやり方でインターネットにアクセスできるようにするということです。インターネットの派生品をつくりたいのではなく、また単にインターネットの一部を手に入れたいとも思いません。簡易版のインターネットのようなものと一緒にどこか隅の方にいたくはないのです。インターネットの中にいたいのです。

--たとえ互換性やユーザーインターフェースの進歩を犠牲にしても、それを実現しますか。誰もが使える携帯電話にするには、ある程度犠牲にしなければならない点も出てくるのではないでしょうか。

Rubin氏:それはまだ分からないと思います。われわれはかなりうまくやってきていると思っています。もう一度言いますが、今話しているのは数年前には存在していなかった白紙状態のテクノロジについてです。だから実際、これは革命になるかもしれないと考えています。

 人々が「write once, run everywhere(一度プログラムを書けば、どこでも動作する)」と声高に宣伝していたことを覚えていますか。われわれは実際そこに到達したと考えています。ネットブックやカーナビゲーションシステムのようなものを探究する可能性について話し始めた場合、おそらく異なるタイプのプロセッサアーキテクチャを扱う必要があるでしょう。Intelもあれば、ARMもあり、セットトップボックスにはMIPSもあります。

 あらゆる種類のさまざまなプロセッサアーキテクチャがあり、過去の遺物にとらわれている人たちはたった1つのソリューションでこれらの市場に対処しようとして苦労しています。実際のところ、Androidはこれらすべての市場に対処できる可能性を持つ、たった1つのソリューションであると考えています。新しく、革命的なものです。Androidが競争を変えることでしょう。

--Androidが革命ならば、これまでもっと多くのAndroidフォンが出てこなかったのはなぜでしょうか。

Rubin氏:携帯電話を隅々まで開発するには約18カ月かかります。市場参入においてわれわれが求めたのは、信頼でき堅固で実用的だと認められるような、成功する模範製品を確実に手にすることでした。このためのパートナーとしてHTCを選びました。

 (2007年)11月7日にわれわれがオープンソース化したとき、こうした人々の多くがこれを手にしました。まだ製品開発期間の18カ月の途中であり、これから、さまざまな製品が次々に登場するでしょう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]