オバマ米大統領が打ち出した自動車燃費基準--その影響と業界の反応 - (page 2)

文:Martin LaMonica(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月22日 07時30分

 複数のレポートによると、効率規制が前倒しされることで、現行法と比べて車両の製造価格が約600ドル高くなるという。しかし、Obama大統領は発表の中で、効率が良くなるということは、消費者が約3年でその費用を回収できることを意味すると述べている。

 「確かにこうした自動車の開発にはお金がかかるが、これらの乗用車とトラックの製造価格が上がるとしても、ドライバーはガソリンスタンドでお金を節約できるため、自動車の運転にかかるコストは下がる」(Obama大統領)

 米運輸省国家道路交通安全局、2953 Analytics、Automotive News(要登録)によると、低転がり抵抗タイヤなど比較的安価に車の燃料効率を上げる変更もあるが、ガソリン直噴エンジン(GDI)や、車が動いていないときにエンジンを切る「ストップスタート」のような、さらに高度なテクノロジはよりコストがかかるという。

適合できるのは誰か

 General Catalyst PartnersのベンチャーキャピタリストBilal Zuberi氏は、新しい基準を満たすことは可能であると述べており、その理由の1つは、ほとんどの世界的な自動車メーカーがもっと効率の良いモデルを欧州で既に販売しているためだとしている。

 例えば、Ford Motorは既に、エミッションコントロール装置を追加した高効率のディーゼルエンジン車を欧州で販売している。Fordの会長であるBill Ford氏は4月、同社がより小型で燃料効率の良い欧州のモデルを米国でも発売する予定だと語った。General Motors(GM)は、数種のハイブリッドカーを販売しており、「Chevrolet Volt」やほかの車種向けに航続距離延長型電動パワートレインを開発している。

 GMのCEOであるFritz Henderson氏は声明の中で次のように述べている。「GMはこの新しいアプローチに全力で取り組んでいる。GMと自動車業界は、製品計画を進める上で一貫性と確実性を高めることで利益を得る」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]