logo

フォトレポート:NASAの偉業トップ10--地球観測50年を振り返る - 9/10

文:Natalie Weinstein(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第9位:海面の測定

 海面の高さは現在、宇宙から測定できる。NASAは、衛星が「混ざり合って激しく揺れ動く小さな渦でいっぱいの混乱した海の状態であり、あらゆる海洋現象で最も強力なもの、つまりエルニーニョ」を観察できるとしている。「この大きな海洋現象は1年以上続いて、地球の半分にまで広がり、地球の天気と気候を変えている」(NASA)

 NASAは、宇宙からの観測によって、1世紀前に比べて海面が3倍の速さで上昇していることも分かっていると述べる。

 この画像は、2009年の世界の海洋で、海面が高い領域と低い領域(それぞれ、赤と青)を示している。
Scroll Right Scroll Left

第9位:海面の測定

 海面の高さは現在、宇宙から測定できる。NASAは、衛星が「混ざり合って激しく揺れ動く小さな渦でいっぱいの混乱した海の状態であり、あらゆる海洋現象で最も強力なもの、つまりエルニーニョ」を観察できるとしている。「この大きな海洋現象は1年以上続いて、地球の半分にまで広がり、地球の天気と気候を変えている」(NASA)

 NASAは、宇宙からの観測によって、1世紀前に比べて海面が3倍の速さで上昇していることも分かっていると述べる。

 この画像は、2009年の世界の海洋で、海面が高い領域と低い領域(それぞれ、赤と青)を示している。

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]