logo

フォトレポート:NASAの偉業トップ10--地球観測50年を振り返る - 2/10

文:Natalie Weinstein(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第2位:オゾン層の診断

 NASAは、同局の衛星と航空機によって、特定の人工化学物質がオゾン層を破壊していることについての重要な証拠が提供されたとしている。この情報によって、各国はこれらの化学物質を禁止するに至った。

 NASAは、「科学者たちは現在、オゾンを破壊している化学物質の成分と大気条件を完全に把握しているため、南極大陸の上空にあるオゾンホールがいつ回復するのかを予測できる(2070年ごろと予期している)」と述べている。


 これは、2007年の南極上空のオゾンホール。
Scroll Right Scroll Left

第2位:オゾン層の診断

 NASAは、同局の衛星と航空機によって、特定の人工化学物質がオゾン層を破壊していることについての重要な証拠が提供されたとしている。この情報によって、各国はこれらの化学物質を禁止するに至った。

 NASAは、「科学者たちは現在、オゾンを破壊している化学物質の成分と大気条件を完全に把握しているため、南極大陸の上空にあるオゾンホールがいつ回復するのかを予測できる(2070年ごろと予期している)」と述べている。


 これは、2007年の南極上空のオゾンホール。

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]