logo

フォトレポート:NASAの偉業トップ10--地球観測50年を振り返る - 7/10

文:Natalie Weinstein(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第7位:「緑の度合い」の測定

 現在、宇宙を拠点とする機器により、植物のクロロフィルの「緑の度合い」を測定できる。

 「われわれは、生態系の広範囲に及ぶ変化を追跡できる。例えば、極北における生育期の長期化や、エルニーニョ現象と関連する藻類や漁場の増減などだ。また、大気圏の内外で進行している二酸化炭素の循環に、生態系の一部がどの程度大きな影響を及ぼしているのかを観察できる」(NASA)

 これは、NASAの宇宙探査機「SeaStar」に搭載された「Sea-viewing Wide Field-of-view Sensor」(SeaWiFS)からの西半球の画像。
Scroll Right Scroll Left

第7位:「緑の度合い」の測定

 現在、宇宙を拠点とする機器により、植物のクロロフィルの「緑の度合い」を測定できる。

 「われわれは、生態系の広範囲に及ぶ変化を追跡できる。例えば、極北における生育期の長期化や、エルニーニョ現象と関連する藻類や漁場の増減などだ。また、大気圏の内外で進行している二酸化炭素の循環に、生態系の一部がどの程度大きな影響を及ぼしているのかを観察できる」(NASA)

 これは、NASAの宇宙探査機「SeaStar」に搭載された「Sea-viewing Wide Field-of-view Sensor」(SeaWiFS)からの西半球の画像。

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]