MS、Office 2007のネットブック向け「2年間ライセンス版」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは4月15日、PCメーカーに対し、「Microsoft Office Personal 2007 2年間ライセンス版」(Personal 2007 2年間ライセンス版)の提供を開始したと発表した。

 これは、PCメーカー各社のネットブック(従来の製品と比較して安価な価格設定がされている小型ノートPC)へのプレインストール用として提供されるもので、2009年4月以降に出荷されるネットブックに搭載される。

 Personal 2007 2年間ライセンス版には、通常版のMicrosoft Office Personal 2007と同じ、「Word 2007」(文書作成)、「Excel 2007」(スプレッドシート)、「Outlook 2007」(メール、カレンダー)および「IME 2007」(日本語入力ソフト)がアプリケーションとして含まれる。

 ユーザーは、2年間の有効期限が超過した後で、Office Personal 2007の通常版、もしくはアップグレード版製品を購入することで永続ライセンスへの切り替えが可能だ。2年間ライセンス版は、通常版の製品よりも低価格でPCメーカーへ提供されるため、Officeプレインストールのネットブックであっても、従来より安価な価格設定が可能になる。

 4月15日時点で、Personal 2007 2年間ライセンス版のプレインストールを表明しているPCメーカーは、ASUSTeK Computer、NECパーソナルプロダクツ、エプソンダイレクト、デル、東芝、日本エイサー、日本ヒューレット・パッカード、富士通、レノボ・ジャパンとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加