“想定通り”の決算を発表したミクシィが売り先行--成長鈍化を懸念する声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィが2月5日の決算発表以降、売り先行となっている。2月9日には2008年10月以来となる45万円台まで下落。2009年3月期第3四半期決算は想定通りの内容だったはずだが、株式市場では失望感が先行する展開となっている。

 ミクシィは2月5日、第3四半期決算と合わせて単体業績計画の利益面を小幅増額修正。また、中国子会社の立ち上がりにともなって連結業績計画を新たに作成、開示した。第3四半期の単体売上高は89億1300万円、経常利益は29億6000万円。通期計画の経常利益は従来予想38億円から40億円(前期比6%増)へ増額修正している。

 コスト削減が進んで利益率が改善しているが、有料コンテンツ事業の立ち上がりが遅れているほか、景気減速の影響で広告売上高の鈍化も懸念される状況にある。不況抵抗力の高い有力ネットメディアとみられていただけに、一部では業績成長鈍化を失望する向きもあったようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加