logo

12月のオンライン動画視聴数、前月から2けたの伸び--米調査

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年02月05日 13時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市場調査会社comScoreが米国時間2月4日に発表した報告によると、2008年12月は多くの米国のユーザーがPCを利用したため、オンライン動画視聴件数は11月から13%上昇したという。

 米国で12月に視聴されたオンライン動画は約140億3000万件。つまり、1億5000万人近くのユーザーが平均96件の動画を視聴したことになると、comScoreは同報告で述べている。

 平均的ユーザーの合計視聴時間は5時間強。また動画1本あたりの平均視聴時間は3.2分だった。Huluは、動画1本あたりの視聴時間が平均10.1分だった。

 最も多くのユニークユーザーを集めたサイトはGoogleのウェブサイトであった。Googleのサイトを利用したユニークユーザー10万92人は平均59件の動画を視聴していた。

 comScoreによると、Googleは傘下のYouTubeから多大な後押しを受けた。Googleのウェブサイトで視聴された動画59億件のうち、99%がYouTubeだったという。

 次に多く視聴されたサイトは、Fox Interactive Mediaであった。同サイトの12月のユニークユーザー数は5万6895人。これらのユーザーは平均7.8件の動画を視聴していた。Yahooのウェブサイトがこれに続き、4万2761人のユニークユーザーが平均7.7件の動画を視聴した。

2008年12月の米国における動画視聴本数 提供:comScore Inc.

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集