logo

iPhone、メーカー撤退、フィルタリング--2008年モバイル業界10大ニュース - (page 7)

永井美智子(編集部)2008年12月29日 10時44分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代高速通信技術、始動へ

 2008年は新たな高速通信技術の商用化への道筋が見えた年でもある。

 まず、KDDI陣営のUQコミュニケーションズとウィルコムは2.5GHz帯を使ったサービスの包括免許を付与された。UQコミュニケーションズはモバイルWiMAXと呼ばれるサービスを2009年2月28日までに開始する。一方のウィルコムは、「WILLCOM CORE」と呼ばれる高速化したPHSサービスを2009年6月までに開始する計画だ。

 また、2010年にも開始される「LTE」(Super 3G、3.9G)も、各社が実験に乗り出した。これまで積極的に開発を進めてきたドコモだけでなく、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルも参入を表明。実験局の開設やベンダーの選定が進んでいる。

関連記事

LTEを活用したサービス例 LTEを活用したドコモのサービスの例

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]