グーグルとセールスフォース、クラウドアプリケーションで提携拡大

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年12月09日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comおよびGoogleは米国時間12月8日、クラウドコンピューティングアプリケーション分野での、一連の開発者向けツールやサービスの提供を目指して、提携を拡大することを正式に発表した。

 「Force.com for Google App Engine」は、開発者が、クラウド向けのアプリケーションを作成するのを支援する目的で立ち上げられる。その仕組みは、以下のように説明されている。

 Force.com for Google App Engineは、「Python」のライブラリおよびテストハーネスとなっており、Google App Engineのアプリケーションから、Force.comのウェブサービスのAPIへとアクセス可能となる。一度、Google App Engineのアプリケーションへとインストールが完了するならば、そのアプリケーションは、Force.com上のウェブサービスのAPIを、シームレスに呼び出せるようになる。このAPIによって、Force.comの環境におけるデータ検索や操作を行うことができ、アプリケーション内部から、Force.comのプラットフォームを効率的に利用可能となる。

 Salesforce.comの最高経営責任者(CEO)であるMarc Benioff氏は、クラウドコンピューティングおよびオープンな環境という分野において、SalesforceとGoogleは、同じステージに立っていることを強調している。

 「われわれは、クラウドコンピューティングに対するオープンなビジョンを持っている。いまや開発者は、GoogleおよびSalesforce.comの双方が提供する、使いやすくて、スムーズな拡張性のあるクラウドコンピューティングインフラを活用できるようになり、強力なビジネスアプリケーションの作成および配布が可能になる」と、Benioff氏は語っている。

 今回の提携は、「Google Apps」をSalesforce.comのCRMアプリケーションに統合して提供することを目指し、SalesforceとGoogleが4月に結んだ提携関係の拡大を意味するものとなっている。

 すでに6月には、開発者が、Force.comの開発者向けプラットフォームから、Google Apps内のデータへとアクセス可能にする、「Force.com Toolkit for Google Data APIs」をSalesforceが立ち上げて、両社の提携強化が実現している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加