logo

タイムワーナーの第3四半期決算、AOLの不振で減益

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦2008年11月06日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メディア大手のTime Warnerが米国時間11月5日、2008年第3四半期の決算を発表した。AOL部門の業績が今期も低迷を続けた結果、売り上げは横ばい、利益は減少という結果になった。

 第3四半期におけるTime Warnerの売上高は117億1000万ドルで、前年同期の116億8000万ドルに対してほぼ横ばいだった。純利益は、前年同期の10億9000万ドルから10億7000万ドルに減少した。

 Time Warnerは同四半期、1株あたり30セントの純利益を計上した。Thomson Reutersがまとめたアナリストの事前予測値は1株あたり27セントだったが、これを上回ったかたちだ。

 この発表を受け、Time Warnerの株価は午前中の早い時間の取引で2.49%上昇し、11.10ドルに達した。

 Time Warnerでは、同社のネットワーク、ケーブル、映画娯楽部門は業績を伸ばしており、これが出版およびAOL部門の売り上げの落ち込みを相殺したと説明している。

 AOLの売上高は、前年同期から17%(2億700万ドル)減少して10億ドルになった。その内訳は、契約者からの収入が26%(1億6500万ドル)減少したほか、広告売り上げも6%(3300万ドル)減少している。

 契約者からの収入減は、主に米国内でAOLブランドを利用する有料会員が減少したことを反映している。AOLは電子メールなどのサービスをインターネット消費者に無料で提供する戦略をとっており、これが有料会員減の主因とみられる。

 広告収入では、AOL Networkサイトにおけるディスプレイ広告、およびサードパーティーサイトにおける広告の売り上げ減少が大きく響いたが、有料検索広告の伸びが一部これを補った。

 GoogleとAOLは、GoogleがAOLに有料検索広告を提供するという内容の契約を結んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集