セイコーエプソン、カラリオラインアップを一新--新コンテンツサービスも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンは9月19日、プリンタ「カラリオ」の新商品として「マルチフォトカラリオ」5機種と「カラリオ・プリンタ」1機種、モノクロ高速モデル2機種の計8機種を発表した。10月8日から発売される。価格はオープン。

 マルチフォトカラリオとカラリオ・プリンタは、「調和」をコンセプトとし、リビングルームに置かれる想定したスタイリッシュなデザインを採用。給紙部分を前面に配置するなど、大幅なサイズダウンを実現したほか、上位機となる「EP-901F」「EP-901A」「EP-801A」には、遠くからでもプリンタの状態を確認できるLEDステイタスバーを備えた。

「EP-901F」 「EP-901F」

 マルチフォトカラリオは、プリンタ、スキャナ、コピーなどを備えた多機能モデル。基本4色インクにライトシアン、ライトマゼンタを加えた6色染料インク搭載した、EP-901F、EP-901A、EP-801A、「PM-A840S」と、顔料インク「つよインク200X」を全色に搭載した「PX-501A」の5機種がラインアップされた。

「EP-901A」 「EP-901A」

 EP-901FとEP-901Aは、エプソン独自テクノロジ「Epson Color」など、充実機能を満載したプレミアムモデル。「7.8型タッチパネル」を搭載し、「ナチュラルフェイス」の画像補正後の仕上がりを事前に確認できる。

 操作パネルの必要ボタンが光るなど操作手順は目で見ながら確認できる簡単操作を実現。また、ワイヤレスプリントを簡単に実現する有線・無線LAN機能を備え(EP-801A、PM-A840S、PX-501A、EP-301はオプション)、簡単で使いやすいプリンタ環境をサポートする。

 なお、EP-901Fにはカラーファクス機能を搭載し、電話回線に接続することで、カラーファクス/モノクロファクスが使用できる。

「EP-801A」 「EP-801A」
「PM-A840S」 「PM-A840S」
「PX-501A」 「PX-501A」

 つよインク200Xを採用したPX-501Aは、普通紙や再生紙でもくっきり鮮やかなプリントが可能。裏写りしにくく、水性マーカーにもにじみにくい優れた耐水性で、文書、簡易チラシ、レシピなどのコピープリントに適しているとのこと。さらにEP-801A、PM-A840Sと同じ操作パネル機能と2.5型液晶パネルを搭載した。

「EP-301」 「EP-301」

 EP-301は、省スペースと機能性を重視したスタイリッシュデザインモデル。6色インクとインクを5つのドットサイズで制御する「Advanced-MSDT」、インク噴射能力を飛躍的に向上させた「高速MACHヘッド」の採用により、L判1枚の写真プリントを約22秒で仕上げるなど高速プリントも可能だ。

 モノクロ高速モデルのPX-201とPX-101は、高速MACHヘッドの採用によりレーザープリンタ並みのモノクロ高速印刷機能を内蔵する。つよインク200Xを全色に採用し、普通紙や再生紙にもくっきり鮮やかなプリントができるとのこと。

「PX-201」 「PX-201」

  カラリオ・プリンタシリーズには2機種をラインアップ。有線・無線LANを標準装備したPX-201と、A4モノクロ文書を1分間に約38枚プリントできるPX-101が登場し、モノクロプリントが多い環境には最適なプリンタだという。

 PX-201は、本体に有線・無線LANを標準装備し、複数台のPCとのネットワーク接続が可能だ。印刷スピードは、A4モノクロ文書で1分間に約38枚、A4カラー文書で1分間に約37枚と高速プリントを実現。大容量ブラックインクを搭載し、モノクロプリントが多い環境で快適に使用できる。

「PX-101」 「PX-101」

 新製品に合わせ、2つの新サービスも発表された。新印刷コンテンツサービス「モバプリパ」は、セイコーエプソン、サミーネットワークス、エプソン販売の3社が2007年7月より提供している携帯端末向け印刷サービス「モバプリ」のサービスを拡充し、「モバプリパ」と名称を改めるもの。PCのインターネット環境に対応するするほか、対応プリンタも追加した。

 またもう1つの新サービスとして、ファミリーコミュニティサイト「FAMIGO(ファミーゴ)」において、ファミリー向けプリントコンテンツ配信を開始することを発表した。ユーザーが家庭や育児の悩みをコミュニティサイト上で共感しながら、紙(プリント物)を通じて周りの人々とコミュニケーションをとることで問題解決することを、コンセプトとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加