logo

フルハイビジョン5.5倍録画を実現--アクトビラ ビデオにも対応した新「ブルーレイDIGA」

エースラッシュ2008年08月25日 18時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は8月25日、ハードディスク(HDD)を搭載したハイビジョンBlu-ray Discレコーダー「ブルーレイDIGA」の新シリーズ4機種を、9月1日より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、1TバイトのHDDを搭載した「DMR-BW930」、500Gバイトの「DMR-BW830」、320Gバイト「DMR-BW730」、そして320GバイトのHDDを搭載したVHS一体型「DMR-BR630V」の4機種。いずれも新世代システムLSI「UniPhier」(ユニフィエ)を採用し、第2世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載した。

 これにより、50GバイトのBlu-ray Discに世界最長となる約24時間、4.7GバイトのDVDに約2時間のフルハイビジョン映像を録画できる、「フルハイビジョン5.5倍長時間録画」を実現したという。

 機能面では、プレビューウィンドウを備えた「録画一覧」やドライブ切り換え不要な「スタートメニュー」で利便性を向上。USB端子の装備による「ハイビジョンムービー連携」の強化や、Blu-ray Discレコーダーとして業界初となるVOD映像配信サービス「アクトビラ ビデオ」に対応したほか、12月よりサービスが開始される最新機能となるダウンロードサービス機能も装備する。

 発売日はDMR-BR630Vが10月1日で、その他の機種は9月1日を予定。店頭想定価格は、DMR-BW930が28万円前後、DMR-BW830が18万円前後、DMR-BW730が15万円前後、DMR-BR630Vが16万円前後となっている。

画像名 (上段)左から、「DMR-BW930」「DMR-BW830」
(下段)左から、「DMR-BW730」「DMR-BR630V」

-PR-企画特集