ソニー、電子広告事業を本格始動--第1弾としてスーパーで「ミルとくチャンネル」をスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月18日、「デジタルサイネージアドバタイジング(広告配信)サービス」を6月30日より開始すると発表した。

 本サービスは、デジタルサイネージディスプレイ(電子広告)を広告効果の高い場所に設置し、多様なコンテンツを放映する新たな広告配信事業だ。ソニーが事業主体となり、同社が開発したデジタルサイネージサービスプラットフォーム「BEADS(ビーズ)」を使用してサービスを展開する。

 ソニーグループ所有の機材を設置するため、設置場所オーナーは、初期投資の負担が少なくデジタルサイネージを導入できることがメリットだ。

 第1弾として、6月よりスーパーマーケットチェーン「Olympic」の首都圏22店舗に大型ディスプレイを151台設置。「ミルとくチャンネル」と名付けた専用チャンネルを運営する。

 ミルとくチャンネルでは、広告や店舗情報、特売情報、イベントなどの販促情報に加え、レシピや天気予報、ニュースなどの情報も提供する。

 番組の登録、運用、制作を担当するソニーPCL、機器設置拠点におけるシステム設計やディスプレイの設置、施工、システム監視業務を担当するソニーブロードバンドソリューションなど、トータルサービスをソニーグループで提供する。

 今後は、小売業界を中心としてインストアメディアの拡大を図り、デジタルサイネージによる広告配信事業を展開するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加